TOP

【死ぬまでに行きたい風俗】ドイツ風俗-FKKサウナ Part3

【死ぬまでに行きたい風俗】ドイツ風俗-FKKサウナ Part3

投稿日:2016年4月4日 カテゴリ:コラム 閲覧数:68358


引用:fkk-oase.de

死ぬまでに一度は行きたい!という風俗の中でもダントツの人気を誇る
ドイツFKKサウナですが、かなりの好評のようなので、Part3として今度はFKKの店舗を説明させて頂きます!

※前回の記事はこちらから
【死ぬまでに行きたい風俗】ドイツ風俗-FKKサウナ ≫Part1,≫Part2

前回で書いたように、
FKKサウナとは、全裸でウロウロしている金髪外人と一発できるサウナクラブなのです。
FKKサウナはドイツの郊外に存在し、現在は100店舗以上は存在しているようです。
※なぜ郊外かというと、FKKサウナは一軒家での営業形態になっているからです。日本の風俗では考えられませんね!

その中でも特に有名なFKKサウナを紹介します!

The Palace


引用:erotischesdeutschland.files.wordpress.com

こちらは、フランクフルトの郊外に存在するおそらく一番有名なFKKサウナ、THe Palace(パレス)です。

他のFKKに比べ、割と都市部の方に存在し、アクセスもいいため女の子が多い事で有名です。
その為、女の子からお誘いが激しく、英語があまり得意でなくても楽しめます!
その反面、サービスが業務的という難点も・・・。

しかし、それを差し引いてもレベルが高い子が多いのでFKK初心者にオススメされるお店となっています!

フランクフルト中央駅からタクシーで15~20ユーロ(日本円で2~3,000円)の距離。
オススメは19時30分からのディナータイム時!この時間帯が一番女の子が揃っています!
朝からオープンしている店舗がほとんどですが、FKKは時間帯によって女の子の数が変わるので、そこは要注意です!

入り口はこんな感じ。
一見平凡なリゾートスパの建物になりますが、周りには高級車が停まっていたり、見るからに強そうな警備員がいたり・・・。

しかしこの中には全裸の外人美女がうようよ・・・。
そう、一足中に踏み込むとそこはまさに楽園なのであります。

受付を済まし、シャワーを浴びて中に入ります。

引用:erotischesdeutschland.files.wordpress.com

外見からは想像できない内部。
パレスは、外庭がありませんが、その代わり他のFKKに比べ内部は広い事で有名です!

ラウンジ・バーカウンター・サウナは勿論、室内プールまで。
palace_girls
引用:gnoccatravels.com

ソファーでくつろぐ外人美女達と・・・。

一発終えた後はラウンジで休憩。
パレスはソフトドリンクと食事が無料!食事の種類も豊富です!

ただここ、上記も述べたように女の子からのお誘いが激しいので、なかなか落ち着けないかも・・・。
適当にあしらわないと、きついですw

The Palaceの情報
入場料:75ユーロ
プレイ料金:50ユーロ/30分~
営業時間:AM10:00~05:00
住所:Königsberger Str. 23, 60487 Frankfurt am Main

OASE


引用:img.erosgirls24.com

次に紹介するのは、フランクフルトから20km・・・フリードリヒスドルフという町にあるOASE(オアゼ)というサウナ。

こんなど田舎にFKKが・・・?という場所にあります。
近場のFriedrichsdorfという駅には、周りには何も無いのにタクシーが常時待機。
FKK客の為のようなタクシーに乗り、集落を抜けて草原を走っているとあきらかにFKKな建物がぽつんと見えてきます。

引用:fkkworld.blog.fc2.com

既に怪しい雰囲気を放っているので、かなり目立ちますw

女の子のレベルも高く、こちらも有名で人気店。
中はバーカウンター、ジャグジーの他、こちらはストリップダンスも行われています。

しかし、なんと言ったってOASEの魅力は外庭

引用:fkk-oase.de

リゾートホテルではなく、風俗施設です。
・・・日本とは規模が違います。さすがドイツ。

そして外のプールでは、全裸の美女達が遊泳しているのであります!
※夏場はここでBBQも行われるんだとか・・・

なんとなんと、そのまま外でヤれるのです!

引用:fkk-oase.de

プールで泳ぐ美女、日を浴びる美女・・・。
全員が全裸です。落ち着けるわけもありません。

丘の上にベッドがあり、周りからは勿論丸見えです!
他の女の子・お客さんから見られても構わないorむしろ見られたい!
という方は是非挑戦してもらいたい!

その他にも、AVがひたすら流れているシアタールームもあり、
ここでも女の子が積極的に営業をかけてきます。

大画面でAVを堪能しながら・・・周りに人がいても気にせずできるのはFKKサウナだけではないでしょうか。

こちらは入場料70ユーロで、そのうち食事代が10ユーロ分。
食事もとれるのですが、10ユーロを超えた分の差額は払わないといけません。
なので食事を楽しみにしている方には、少し残念。

OASEの情報
入場料:70ユーロ
プレイ料金:50ユーロ/30分~
営業時間:日~火AM10~4時 水~土AM10~AM5時
住所:Ober-Erlenbacher-Strase 109 61381 Friedrichsdorf-Burgholzhausen

ARTEMIS

artemis
引用:yelp.com

こちらは首都ベルリンの郊外にあるARTEMIS(アルテミス)というところ。
ベルリンにはFKKはこちらの一店舗のみしかありません。

外見はラブホテルのような雰囲気となっています。
建物の前が駐車場で、地元民は車で来る事が多く、週末はほぼ満車状態に。

ドアを開けるとすぐに受付で、そこから上にあがると吹き抜けでロッカールームへと繋がっています。
アルテミスでは財布をロッカーに預けるので、コトを終えた女の子が全裸のままロッカールームまで着いてきます。
他人とし終わった後の火照った女の子を見れるのも、アルテミスならではの光景です。

引用:fkk-artemis.de

一階はプールの他、サウナやジム、シアタールーム、二階はメインスポットになるバーラウンジ。そして三階がプレイルームに。

こちらは入場料80ユーロでプレイ料金30分60ユーロと、フランクフルトのFKKに比べ、お高め。
夕方に~夜になるとレストランがオープ。こちらはブュッフェ形式なので休憩がてらに食事をとるのもいいですね。

さらにアルテミスには通常のマッサージもしてくれる部屋もあります!
おっさんからですが・・・w

FKKは一度に、2,3人と遊ばないと損した気分になるので休憩所も大事です!

肝心の女の子ですが、こちらはドイツは勿論、ブルガリア、ハンガリー、チェコ人などで
ブルガリア人が一番多いです。
artemis_girls
引用:fkk-artemis.de

プレイ内容ですが。基本的にはキスNGでこちらが攻めるのもNGとなっています。
中には勿論OKな子もいるので、そこら辺は事前にコミュニケーションをとって交渉しないといけないですね!

ARTEMISの情報
入場料:80ユーロ
プレイ料金:60ユーロ/30分~
営業時間:AM11:00~05:00
住所:Halenseestraße 32-36, 10711 Berlin

***

前回では紹介しきれなかったFKKの施設や、実際にそこにいる女の子達!
いかがでしたか?

やっぱり死ぬまでに一度は行きたい風俗と言っても過言ではありませんね!

内部も広いし、ここまでサービスも充実してるなんて日本では考えられません。
こんな外人風俗、日本にも同じようなのがあればなあ・・・と思ってしまいますw

一日丸々滞在できる風俗店。それはFKKサウナだけではないでしょうか?


※2018/09/10追記 FKKの体験談記事を投稿しました!
 ぜひご覧ください!

≫ドイツの定番風俗・FKKで青姦プレイした友人の体験談

※2018/08/22追記 ドイツの風俗サービス「エロスセンター」についての記事を更新しました!
 ぜひご覧ください!

≫ドイツで遊べる魅力的な風俗サービス!「エロスセンター」を徹底紹介!