TOP

【死ぬまでに行きたい風俗】タイ風俗を徹底紹介!夜遊び大国タイで、美女と一夜の濃厚恋人プレイ!

【死ぬまでに行きたい風俗】タイ風俗を徹底紹介!夜遊び大国タイで、美女と一夜の濃厚恋人プレイ!

投稿日:2016年8月10日 カテゴリ:コラム 閲覧数:14704

死ぬまでに行きたい海外風俗!
今回がはアジア系美女がお好きな方におすすめの、タイ風俗を紹介いたします。

タイ風俗については以前の記事で少しだけ触れていますが、今回は実際の店舗や料金などを詳しく解説していきます。

日本からも比較的行きやすく、料金も安いので手軽に行ける人気の国、「夜遊び大国」タイ
日本にはないシステムの風俗店・タイ美女に惹かれ、なんども足を運ぶ男性も多いのであります。

そんなタイにある死ぬまでに一度は行きたい風俗を紹介していきます。

多様なタイ風俗

タイ風俗には、日本と異なる多種多様なスタイルの風俗店が存在します。
中には日本と同じような、いわゆるヌキ屋もありますが、タイ独特の風俗店をここでは紹介します。

ゴーゴーバー

タイのゴーゴーバー
引用:bangkok.com

タイの風俗ときいて、まずは一番有名なのがこちらのゴーゴーバー
ゴーゴーバーとは、水着・下着姿で踊る女の子を見ながらお酒を飲むバーになります。

ステージを囲むように席が設けられ、単純にドリンクを飲みながら踊りを楽しむこともできますが、
ゴーゴーバーの醍醐味は、気に入った子がいれば席で一緒に飲める→そのままお持ち帰り(※別途料金が発生)ができるという点にあります。

ゴーゴーバーの店内
引用:spankysbkk.com

踊っている中に気になる子がいれば、まずはその女の子に直接声をかけるor店員さんに呼んでもらい、自分の席の隣に座らせます。
そこで女の子にドリンクを注文してあげます。
その後はキャバクラのような感覚で、女の子と一緒に飲んだり、話したりできます。
そして更に気に入れば・・・という流れです。

ドリンク代とは別に、お店にお持ち帰り料金(※ペイバー料金)を支払う事により女の子を店外へと誘う事ができます。
ショートコースとロングコースがあり、ショートであればそのままホテルへという流れですが、
夜遊び大国タイでを最大限に楽しむには勿論ロングコースをオススメします。

ロングコースだと、デート・食事など一晩中女の子と一緒にいる事ができます。
女の子と食事に行くも良し、バーに飲みいくも良し、ディスコなどに行って一緒に行くも良し・・・。
観光案内がてらにいろいろな所に連れて行ってくれる女の子もいます。

ひとしきり遊んだ後は、宿泊中のホテルへ連れて行き、そこで一発といわずお互いの満足するまで楽しむことができます。
デートからのプレイは、まさに恋人感覚でのプレイ
日本のただ抜いてもらうだけでは、この感覚は得る事ができませんね。

こういったプレイこそが世界中からたくさんの男性がタイへ遊びに来ている理由の一つではないでしょうか。

ゴーゴーバーの女性
引用:gogospattaya.com

さて、気になる料金の方ですが、基本的にゴーゴーバーへの入場のみは無料になります。
なので、入場してカワイイ女の子がいるかチェックする事もできます。気に入れなければ、別のお店へ行きましょう。
※ドリンクを注文しなければ入れないお店もあるので要注意です。

いいお店がみつかれば、席へついてドリンクを注文します。
女の子を席に呼ぶには別料金はかかりませんが、女の子の分のドリンク代が必要になります。
そして、連れ出すのに必要なペイバー料金と更に女の子へのチップが必要となってきます。

ドリンク代:300TB~600TB(¥900~¥1800)
ペイバー代:600TB(¥1800)
チップ: ショート3,000TB(¥9000)・ロング5,000TB(¥15000)

ショートだとおおよそ¥13,000程度、
ロングだと¥19,000程度で遊ぶ事ができます。

タイのゴーゴーバー

では、実際にタイにある有名なゴーゴーバースポットをいくつか紹介します。

・ナナプラザ
タイ バンコクにある歓楽街ナナプラザ
引用:bangkok.com

首都バンコクにあるモール型の歓楽街。
数あるバンコクの歓楽街で、最も人気のある場所が、このナナプラザ
タイでゴーゴーバーといえばここ!という人も多く、かなりの観光客で賑わっている。

3階建ての施設にはゴーゴーバーの他、ホテル(レンタルルーム・やり部屋)の他に、
バービア(連れ出し可能なガールズバーみたいなもの)も入っています。

また中にはレディボーイというニューハーフ専門店もありますので、
純粋に女性と遊びたい方は、よく下調べをしてお店に入った方がいいかもしれません。
タイのレディボーイは美人も多く、一見どうみても女性にしか見えない方も多いのです・・・。

・ソイカウボーイ
タイの歓楽街ソイカウボーイ
引用:bangkok.com

こちらもバンコク アソークという地区にあるゴーゴーバーを中心とした歓楽街ソイカウボーイ
歓楽「街」というよりも風俗「通り」といった方が想像がつくかもしれません。
150m程の小道にゴーゴーバーやバー・レストラン等が密集している通りになります。

ゴーゴーバーの他にもコヨーテバー(キャバクラのようなもの・連れ出し不可能な子が多く在籍)もある。
ソイカウボーイにはバカラという超有名なゴーゴーバーがあり、日本人の客がかなりいます。
その為、日本人向けの女の子が多く在籍しています。

簡単な日本語ならできる子が多く、もしコミュニケーションに自信がないのであればこちらのゴーゴーバーをオススメします。

MP(マッサージパーラー)

タイのMP(マッサージパラー)の女の子
引用:motherjones.com

日本のソープランドに近いタイプの風俗店がこちらのMP(マッサージパーラー)。
ソープとの違いは、実際に女の子を見て選べるという点にあります。

「金魚鉢」とよばれるガラス越しのひな壇に女性が大勢座っているのを見て、女性を選びます。
※お店によっては一列に並んだソファーに座っているところもあり

MPならではの光景こそ、タイ風俗の魅力の一つだと言えます。

女の子達は、目が合うとほほえんだり、積極的に営業をかけてきます。
気になる子がいれば、男性スタッフを呼び値段やプレイ時間などを聞きます。
ひな壇の座る位置などで女の子の値段が変わってきますので、男性スタッフによく値段をきいておくといいかもしれません。

※コンシアとよばれる男性スタッフは日本語が話せる方が多いので、安心して女の子を選ぶ事ができます。

また、一番若い子は?サービスがいい子は?
などの質問にも答えてくれます。

女の子が決まれば、コンシアに女の子を呼んでもらい会計を済ませ、部屋へ行きます。
MPでは、基本的に女性先導でのプレイになります。
洗体→風呂→軽いマッサージ→前戯→挿入(ゴム有り)という流れになります。
プレイ自体はソープとあまり大差はありません。

MPでの入浴料は、女の子により変わりますが
60分~90分でおおよそ2,500~3,000TB(約¥7,000~¥9,000)になります。
モデルクラスになれば5,000TBの子もいます。

また追加でチップも必要になりますので、
おおよそのトータル価格としては3,000TB~、日本円で大体¥10,000程度になります。

タイにあるMP

では実際にタイにあるマッサージパーラーをいくつか紹介していきます。

・Poseidon(ポセイドン)
タイのMP(マッサージパーラー)ポセイドン
引用:bangkok-dark-night.com

バンコク スティサンという地区にあるポセイドンというMP。
数あるMPの中でも人気店の一つ。
日本人にも人気があり、巨大なホテルのような外観になっています。

店内も非常に豪華で、2階にはひな壇、3階にはモデルクラスの女の子達がいます。
2階の女の子達は2,300TB~2,500TBの子が多く、3階では3,000~4,500TBの子達がいます。

もし旅行中に余裕があれば、是非とも3階の女の子を試したいものです。

ポセイドンの情報
住所:209 Ratchadapisek Rd., Din Daeng, Bangkok10320
アクセス:MRTスティサン駅から徒歩約5分
入浴料金:2,300TB(約¥6700)~

・Caesars(シーザー)
タイのMP(マッサージパーラー)シーザー
引用:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

バンコクのラチャダーピセーク通りにあるMP、シーザー。
高級感があり、他のMPに比べて価格帯が広い。

また、シザーは「アレキ遊び」というプレイができるのであります。
「アレキ遊び」とは、アレキサンダー遊びといい、簡単にいうと乱交・複数プレイができるコースです。
複数×複数で、女の子達と食事→ジャグジー風呂を浴び(※入浴中は前戯のみ)、部屋で個別でプレイという流れで遊べます。
勿論料金もかかりますが・・・、大人数で遊びたい!という方に人気なのがこちらの「アレキ遊び」です。
部屋代として、2時間5,000TB(約¥15,000)~。延長は一時間ごとに1,000TBとなり、あとは女の子の料金分というお値段になります。

接待や団体で利用される方は、ぜひとも味わっていただきたいコースとなっています。

シーザーの情報
住所:212 Ratchadapisek Rd., Huaykwang, Bangkok10320
アクセス:MRTホイクワン駅から徒歩約2分
入浴料金:2,000TB(約¥6,000)~

また、日本人観光客で賑わっていたNATAREE(ナタリー)というMPは、摘発にあい閉店へと追い込まれたようです・・・。
18歳以下の未成年が働いていたとのことです。
タイMPは、合法なので、利用客が捕まる事はありません。

様々なスタイルで遊ぶなら、夜遊び大国タイへ!

いかがでしょうか?
基本的にタイの風俗は、事前に女の子を見て選べるので安心して利用できるという点が、非常におすすめのポイントとなっています。
また日本のビジネスライクな関係ではなく、連れ出しからデートもでき、個人的に女の子と連絡をとって遊んでいるという男性も多いそうです。

実際の恋人のような感覚で遊べるというのが、
死ぬまでに行きたい風俗のひとつとして夜遊び大国タイが挙げられるのではないでしょうか。