TOP

ドイツの定番風俗・FKKで青姦プレイした友人の体験談

ドイツの定番風俗・FKKで青姦プレイした友人の体験談

投稿日:2018年9月10日 カテゴリ:コラム 閲覧数:1596

ドイツに行ってきた僕の友人

この間、自分がキューバで遊んだ体験談の記事をアップしました。

実はキューバに行ってたとき、
僕の友人はドイツへ旅行していたみたいです。
よくよく聞いてみると、彼も風俗目的だったとか(笑)。
お互い似たもの同士、まさに「類は友を呼ぶ」ってやつですね。

そんな友人がドイツで遊んだのは……ズバリ、FKK!
どんな感じだったのか話を聞いてきたので、皆さんにもお届けしたいと思います!
「FKKって何?」という方は過去記事のリンクを載せておくのでご参照ください。

FKKで青姦プレイ!(友人視点でお届けします)

昼ごろドイツに着いた僕は、フランクフルトの宿に向かいチェックインを済ませました。

フランクフルトは優良FKKが多数集まる都市。
風俗遊びが目的の僕としては絶好の拠点だったわけです(笑)。

準備ができたところでいざ目的のお店へ!
宿からは結構な距離があるので、
電車やタクシーを駆使して向かいました。

特に迷うこともなく、無事お店へ到着。
FKKの受付で入場料を払い、ロッカーで着替え、シャワーを浴びたら……
いよいよ女の子が待つラウンジへ!!

バー

ラウンジはさながらバーカウンターみたいな感じでしたね。
で、当然のようにあっちこっちで全裸の女の子がウロウロしています。
もう「楽園」以外の何物でもありません。

好みの女の子がいないか探してみると、
幸運にもお目当ての子を素早く見つけられました。
名前はJちゃん。
顔が小さくてモデル体型というキレイ系な女の子です。

女の子

しばらくソファでお喋りしていましたが、

「せっかくだしプールに行きましょうよ!」

という感じで誘われたため、屋外プールへ向かうことに!

プールサイドにも全裸の女の子がたくさんいました。
僕はJちゃんとしばらく泳いでましたが、すごく気持ちよかったですね~。
何というか、生まれたての姿をした女の子が堂々と活動する姿に興奮してました(笑)。

プール

FKKの庭は本当に広くて、まるで豪邸にいるかのような気分でしたね。
興味深くてキョロキョロしてた僕はあるものに目をつけました。
FKKのことは少し予習してたので「もしや……?」と思いましたが、
一応Jちゃんに聞いてみることに。

「ああ、あれ?青姦用ベッドよ」
(やっぱり……!!)

そう、僕が指差した先には屋根つきのスペースがあって、
そこにベッドらしきものが見えたんです。
屋外のプレイなんて、日本ではまず楽しめませんよね!!!

というわけでJちゃんと青姦プレイ開始!
お互いに責めて責められての濃厚な時間を過ごしました。
「ほかの人に見られてるかも……?」という適度なドキドキ感がGoodでしたね!
Jちゃんのほっそりした体を存分に堪能できたのもよかったです。

満足しきった僕は、Jちゃんにチップを支払ってお別れ。
その後は室内プールやジャグジーでゆったりと賢者タイムを過ごしました。
FKKは本当に設備が豊富なので、いろいろな楽しみ方ができるんですよね。
「ドイツに来たなら、行かないと損だな……」
そう確信しましたよ!

FKKは行かないと損ですね!

以上、僕の友人の体験談でした。
FKKのすごさがよくわかる話ではなかったでしょうか?
まさにドイツ風俗の王道ともいえるFKK。
僕も旅行する機会があったらぜひ遊んでみたいなぁと思いましたよ~!